« VWのキャラはこの20年で大きく変わった | トップページ | 自動車ジャーナリストの運転技術 »

2011年2月14日 (月)

ちょうどいい立ち位置を得たアウディ

引き続き、僕の著書「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」(99年ごま書房刊)より、再録。

第五章 国籍・ブランド別魅力と弱点の研究

アウディ
普通に乗るならシンプルなグレードがお勧め

丸みを帯びた優美なデザインで、女性からも人気のアウディだが、乗ってみるとまぎれもなくドイツ車という硬質感を感じる。ボディはしっかりと、頑丈に作られ、高速道路などを走ると、ビシッとしたステアリングの手応えにビックリするほどだ。

タテ置きエンジンのFFというレイアウトをはじめ、技術的にも独自のこだわりを持ち、かつては世界選手権ラリーにフルタイム4WD方式をいち早く持ち込むなど、その内容は高度だ。

もっとも、そういった高度なメカニズムは往々にして気むずかしく、メンテナンスにも手間がかかることから、結果として信頼性に欠ける、という評価を受ける場合もある。4WDのクアトロや、先進技術を満載した先代の100シリーズなどは、うっかり程度の悪い中古車を購入すると手間がかかって大変だ。

一般のユーザーが普通に使うなら、2ℓエンジンを搭載する、ごくオーソドックスな中型セダン、80シリーズがいい。それも91年からのモデルなら、ATも4速だし、トランクも広く、使い勝手もいい。150万円だと、92年式あたりの80が狙えるだろう。

●2011年現在の追記
昨年の後半からやけに忙しくなってしまい、更新が途絶えていました。久しぶりの書き込みです。

で、アウディ。こんな不景気にもかかわらず、新車は世界で売れているし、中古車も今、ホントに旬になってきた。03年デビューのA3や05年登場の先代A4あたりが、今なら150 万円も出せばかなりいいクルマが買える。

その人気の秘密は、ちょうどいい立ち位置にあるのだろう。高級車でござい、という印象があるメルセデスはこのご時世に乗りにくいし、BMW はもはやありふれた存在になってきた( 普通の庶民にとってもそういう感覚になったという事実が凄いが) 。そこで、世間の目はメルセデスほど気にならなくて、BMW より新鮮、しかも上品さやハイメカのイメージもあるアウディが選ばれる、と。

ただし、12年前と同様に、中古車として普通の人が乗るなら、高性能な車種やグレードは勧めない。これまでにも書いてきた通り、相変わらず欧州の高性能車は乗り手に責任と資格を問う。V8の4 .2リッターをミドルクラスのA4のボディに押し込んだS4などは、完調ならたしかに気持ちいいが、大排気量エンジンのすさまじい熱量を考えると、真夏に渋滞にハマっているだけで樹脂やゴム部品がみるみる傷んでいくはずだ。そういう部分にきちんとお金をかけて乗れる人にはいいが、憧れとか見栄だけで中古車を選ぶにはリスクが大きいだろう。

それと、ドイツ車に共通の紫外線に対する弱さも、アウディはとくに目立つ気がする。メッキは曇っている中古車が多いし、質感の高いインテリアも、キーホールの周囲とか空調吹き出し口などの手がよく触れる部分は、表面が傷んで下地の樹脂が顔を出しているクルマも見た。新車では上質で精緻な作りだが、こうした耐久信頼性に関しては、やはり日本車が世界一なんだなと思わせる。

そういうわけで、あまりマニアックにこだわったり、高級車らしさを求めるのではなく、VWゴルフとはひと味違うハッチバックとして、ゴルフの兄弟であるA3の普通のグレードを選ぶとか、国産ミドルクラスセダンの新車を買う感覚で、サラリとFFのA4の中古車を買えば、きっと国産車では味わえない満足や楽しさが味わえるはずだ。

« VWのキャラはこの20年で大きく変わった | トップページ | 自動車ジャーナリストの運転技術 »

輸入中古車購入術(著書の再録)」カテゴリの記事

コメント

松田様
コメントありがとうございました。

クルマを手放そうとして事故車であることが判明した由。
お気の毒でした。

しかし、残念ながらこういうことはよくあります。
法律的には、販売した店が事故車である事実を知っていながら、
それを隠して(もしくはあえて知らせずに)売ったことが
証明できれば、販売店になんらかの責任をとらせる
(返金させるとか、慰謝料的なものを請求するとか)
ことはできるのですが、1年半前の購入では、
証拠を探すのはまず難しいでしょう。

最近は中古車業界も健全化(!?)が進み、
業者がクルマを仕入れるオークションでも
事故歴をかなり厳しくチェックしているし、
その際のチェックシートを販売するクルマに掲げる店も
増えてきていますが、残念ながらすべての店やクルマが
そうした情報を開示されているわけではありません。

事故車であることを知りながら黙って売る店も多いし、
松田様のようなケースで訴えられても、
「知らなかった」とシラを切る店も多いようです。
まあ、本当に知らなかったなら、素人ですが。

記事にも書きましたが、事故車など気にせず、
むしろそれを開示されているクルマを
「安いからラッキー」ぐらいの気持ちで買う人が増えれば、
もっと健全化は進むのでしょうが、
「高い買い物なんだから、キズモノはイヤ」と考える人は
これからも減らないでしょう。

私なんて、過去に事故車と承知で2台も買ってるんですけどね。

あまりお役に立てる回答にはならないんですが、
どうしても腹の虫が納まらない、ということなら、
購入したお店に経緯を説明して、誠意を見せてほしい、
ぐらいのことは言ってみてもいいでしょう。

もしもちゃんとしたお店なら、
それなりの対応をしてもらえるかもしれません。

ただ、あまり期待はできませんし、相手が怪しい連中の場合、
かえって話がこじれる可能性も否定できません。
たとえば相手が正規ディーラーの中古車部だったりすれば、
間違いないのですが・・・・

最初の査定額がチャラになった、という意味では「損」ですが、
1年半、それなりに暮らしを楽しませてくれたのですから、
思い出の代金と前向きに考えてはいかがでしょう。
(とはいっても悔しいですよね。わかります)

初めて書き込み致します。
中古車、そして欠陥車について調べているうちに、こちらのサイトを知りました。

私は1年半前にホンダCRV(平成19年型)を中古で230万円で購入しました。最近、乗る事も少なく、維持費も勿体無く感じて、妻と相談の上売却する事にしました。
結果的には150万円で買い取りが決定したのですが、第三者機関に車のチェックをさせたら左前方内側に強くぶつけた跡があるから返品させて貰うという事になりました。
これは購入した時には、知らされていなかったのですが仕方のない、よくある事例なのでしょうか?(ちなみに私で2オーナー目)
勿論私はぶつけておりません。

突然の相談で恐れ入りますが、教えて頂けたら大変助かります。
楽しく、このサイトを利用させて頂きました。特に事故車を安く購入すると云う考え方には共感を覚えました。
ポルシェのところもいいですね、、、あっ、アウディも事情を知れました。
それでは失礼いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょうどいい立ち位置を得たアウディ:

« VWのキャラはこの20年で大きく変わった | トップページ | 自動車ジャーナリストの運転技術 »