« 世界的ヒットのニューミニは中古車でもお勧め | トップページ | 久しぶりに新刊出来。 »

2016年6月27日 (月)

新刊出来!

本日627日、久しぶりに白紙からプロデュースを手がけた媒体がモーターマガジン社から発売された。タイトルは「輸入車道楽 SHA LUCK」だ。

 

そもそもは、このブログの元ネタになった「輸入車中古車情報」(内外出版社刊)が、2015年早々に休刊してしまったのがコトの始まり。じつは同誌は14年暮れに僕の手を離れ、創刊以来続いてきたB5版の週刊誌スタイルからA4版のビジュアル誌の体裁にリニューアルし、誌名も変えたものの、結局部数も広告も失い、ビジネスが成り立たなくなってしまったのだ。その経緯にはいろいろと言いたい事もあるが、それをここで言っても仕方ない。

 

創刊以来ずっと育ててきた我が子のような媒体を失ったのは、想像以上にダメージが大きかった。そこで新しい版元を求めて営業を始め、乗ってくれたのがモーターマガジン社さん。とは言っても、また同じような誌面を作っても、ウェブ全盛の今の時代に売れるとは思えない。では、どんな誌面にするべきなのか。その検討だけで1年近くを要してしまった。

 

結果、目指したコンセプトは「輸入車生活実現マガジン」だった。じつはこれは「輸入車中古車情報」が当初から目指したものの、明文化されてはいなかったコンセプトにほかならない。

 

旧媒体を創刊した20数年前には、そのコンセプトで輸入中古車を買おうとする人の不安を払拭し、国産車とは違う輸入車とのつきあい方を伝えることを目指した。今度の誌面でも、底に流れる思想は同じだが、見せ方は全然違う。当時と比べると、今や輸入車はずっと身近な存在になっているし、その気になればウェブでいくらでもオーナーたちが発信する弱点やつきあい方などの情報は得られる。では、ウェブでは手に入らない、活字ならではの情報はなにか、というと、責任ある書き手による、売り手の素顔を伝える記事だと思った。

 

店頭に足を運んで売り手の肉声を聞き、その店の想いや姿勢を伝える。その泥臭い、けれどジャーナリズムの基本に忠実なやり方は、膨大な情報の中からピンポイントで欲しいクルマを瞬時に探し出せるウェブでも、いや、だからこそできないことだと考えた。同時に、パラパラとめくるうちに、それまで思ってもいなかった魅力的なクルマと出逢える、活字ならではの絵本のような楽しさも盛り込みたいと思った。たぶん、その狙いは実現できたのではないかと思う。

 

できれば本屋さんに足を運び(残念ながら実績のない本誌がコンビニに並ぶ事は当面はないと思う)、買ってもらえたら嬉しい。感想を聞かせてもらえれば、もっと嬉しい。

 

ちなみにPRを兼ねて、ウェブサイト「ロレンス」でも、記事のダイジェストを掲載している。立ち読み代わりにどうぞ。

http://lrnc.cc/_tags/sha-luck

« 世界的ヒットのニューミニは中古車でもお勧め | トップページ | 久しぶりに新刊出来。 »

お気に入りの仕事」カテゴリの記事

コメント

ブログ更新お待ちしてました。
本探して読んでみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊出来!:

« 世界的ヒットのニューミニは中古車でもお勧め | トップページ | 久しぶりに新刊出来。 »