« 新刊出来! | トップページ

2020年5月 3日 (日)

久しぶりに新刊出来。

204_20200410_122906 最近は商業誌の仕事が減る一方で、企業ウェブなどのコピーライティングの仕事がちょこちょこ増えている。ただし、そちらは名前も出ないし、みんなで寄ってたかって書く感じなので、活字屋としてはもうひとつ、やったった感が薄い。まあ、それも大事なお仕事なのだけれど。

そんな中で、久しぶりに一冊まるごとやったったぜ!と思える増刊号が出た。「月刊自家用車」(内外出版社刊)で昨年から連載していた「名車の商品企画室」という記事をまとめて、その他の関連企画の再録も添えた一冊。じつは3月末に発売されていたので、今さら、なのはご勘弁。我ながらホントにセルフプロモーションができないヤツです。

内容はスカイラインやシルビア、ギャランやマークⅡやアルトにシャレード、RAV4まで、エポックメイキングなモデルの歴代を時代背景なども交えて論考していくもの。クルマの「評価」ではなく、作り手が何を狙い、客はそれをどう受け止めたのか、という商品企画をコミュニケーションの側面から見た読み物。

芸文社から隔月で出ている「ノスタルジックヒーロー」が、30余年前に僕が企画制作した増刊号がルーツなのは、今やあんまり知る人もいない(これもPRしてないんだから当然か)が、輸入車中古車情報といい、ノスヒロや今回の増刊といい、どうやら僕は最新情報を追いかけるより、温故知新的な仕事の方が性に合っているらしい。

というか、最近の新車はシステマチックに狙い澄まして企画されているので、外れも少ない代わりに面白みもない。営利企業としてはそうじゃなきゃ困るんだけど、作り手の想いとか、ある種「やったろうじゃん!」という勢いで生まれた時代のほうが、人臭くて面白いよね。ハードウェアとしては世界一レベルに到達したからこそ、これからの国産車には、作り手の想いや熱さを大事にしてほしいと思うのです。

よろしかったら、巣ごもりのお供に読んでやってくださいませ。

 

 

« 新刊出来! | トップページ

お気に入りの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊出来! | トップページ